居心地の良いマイホームに暮らせているのは。

あまり知られてはいませんが、日本の各地には様々な古墳が数多くあります。歴史や時代、地理などに詳しくなければ特に興味のないことなのかも知れませんが、私達が暮らす日本には歴史があるのです。

生まれてから過ごした時間や見たものだけが、日本の本当の姿ではなくて、縄文時代や弥生時代、平安時代や江戸時代もありました。戦国時代や戦争もあって多くの人が血を流しました。最近では東日本大震災など未曾有の災害もありました。

今の平和な世の中や、幸せな毎日が送れるのはそれまでの歴史や人々の努力や経験があったからだと思います。居心地の良いマイホームを住宅ローンを借り入れて購入したとか、オーディション審査に受かってアイドルになれたとかは、全て過去に日本で暮らしていた人々のおかげなのです。

ですが、毎日のように事件が起こります。交通事故や殺人事件などで亡くなる人もいます。せっかく今の時代を生きれる私たちなのですから、命を大切に感謝しながら生きていきたいものです。

 

住宅ローンを利用する時に必要な事

住宅ローンを利用する際、住宅ローンの審査基準。事前審査前に知っておきたいと思うのは当然ですし、さらに気になる所は月々の支払額がどれくらいになるのかという点です。これから先の生活設計などを考え、収入や支出のバランスを考慮し支払える範囲で毎月の返済額を設定するために考える事は多いです。

ですので、各金融機関のホームページで返済残高や金額のシミュレーションが出来るので住宅ローンのご利用の際は目安として利用してみると良いかと思います。また、住宅ローンを利用する際に、重要視される項目の一つに勤続年数があります。

だいたいの銀行や民間金融機関では、2~3年の最低勤続年数を定めており、就職したばかりの方や転職したばかりで勤続年数が短い方は住宅ローンを借りるのは難しいのが現状です。

しかし、同じ業界に転職した方で年収があがった場合で就職先の企業もしっかりしている所だと判断されれば審査に通る可能性があります。比較的勤務年数が短くても借りれるローン会社もあります。

労金の住宅ローンは勤務年数一年以上で前年度年収が150万以上が条件ですが、物件購入価格の90%以内の融資なので、頭金が必要になります。

そこで頭金を貯めるための手段として、金利の高い定期預金や仕組預金などがあります。しかし仕組預金の方は定期預金よりも高金利ではありますが、途中解約等出来ませんのでメリット等を含めて考えてみる必要があります。

 

外貨預金一般と住宅ローンの主たる2つの共通要素

外貨預金一般と住宅ローンには、2つの共通要素があります。

まず1つ目の要素としては、各金融機関が取り扱っている点です。どちらも金融商品に回答する訳ですが、外貨預金は主に銀行などが取り扱っています。また住宅ローンも、同じく銀行が取り扱っている事から、各金融機関による商品である事だけは確実です。

そしてもう1つの共通要素としては、銀行変動に関するシステムがある点です。なぜなら、どちらも利息などが変動する性質があるからです。

まず外貨預金という商品の場合は、利息などは常に変動しています。ある時までの最大利息が年間1%だったものの、金融情勢の変動などによって、年間0.5%などに変化する事があるのです。

そして住宅ローンも、それは全く同様です。ある時までの金利が1%だったとしても、やはり情勢の変動によって、年間1.2%などに変わることがあります。

このように「金融機関が取り扱っている」のと、「金利などは変動する性質がある」という2点が、住宅ローンと外貨預金の主な共通要素です。

 

確定申告による住宅支援措置を活用

住宅ローンを組んでいる方々は、確定申告を行っているケースが大変多いです。なぜなら、それは住宅に関する維持コストに関わってくるからです。

そもそも住宅では、様々な出費が発生する事になります。税金などもその1つなのです。それをできるだけ節約したいと思う方も多いですが、住宅ローン控除がその一助になるケースも多々あります。

その控除制度は、いわゆる住宅支援措置の1つになります。公的機関としては、マイホームを保有している方々を、色々な制度でサポートしている傾向があるのです。それで確定申告によって、それがサポートされる事も珍しくありません。いわゆる節税などが発生するからです。

ちなみにその確定申告は、2年目以降から行う事になります。住宅に住んでから1年目以降で利用できる訳ではありません。

2年目以降は毎年の確定申告で節税できるようになるので、税務署や不動産会社などに相談をしてみると良いでしょう。相談をすれば、たいてい親切に教えてくれるものです。

 

乗り換えの為の試算とプロバイダによるサービス

ローン商品は、たまに見直しが行われます。今まで何かの商品を利用していたものの、別のタイプに借り替える方が望ましい事もある訳です。

というのも金融業界では、色々な変更が生じます。預貯金金利なども、たまに変更が生じる事もあるのです。それに伴って色々とコストは大きくなる事もあるので、住宅ローンをチェンジするのが望ましい事もあります。

ただ乗り換えるとなると、色々と試算も必要になってくるでしょう。一番肝心なのは、まず計算をしてみる事です。乗り換えた結果本当にお得になるかどうかは、実際に計算をしてみないと分かりません。

特に手数料には要注意です。見かけの金利は低めに見えても、別途で色々な手数料が生じるので、かえって乗り換え無い方が良い事もあります。トータル費用をよく踏まえた上で計算すべきでしょう。

なお一部のプロバイダでは、それに関するサービスを提供している事もあります。他の商品に変える事を考えているなら、プロバイダに相談するのも一法です。

 

金利など見落としてはならない要素

住宅ローンでは、金利は大事です。毎月の負担に大きく関わる数字だけに、やはりそれは商品を選ぶ基準の1つになります。

ところでそれ以外にも、見落としてならない要素があります。どのような書面が求められるかです。

そもそもローン商品でスムーズに借りれるか否かは、やはり書類に左右される一面があります。書類が揃っていると良いのですが、揃っていなければ時間がかかってしまいます。

ただし、もちろん不要な書類もあります。スムーズに手続きを進める為にも、借りる前に銀行に確認をしておくのが最も無難です。

それと標準的な手数料なども、知っておく方が良いでしょう。残念ながら一部の住宅ローンの手数料は、不当に高くなってしまっています。それで、毎月の負担が大きくなるケースもあるのです。

しかし標準的な水準を知っていれば、不当に高い否かも見極めることができます。ですのでローンの金利相場などは、ある程度は把握しておくのが無難でしょう。